<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

食べちゃいたい花

とってもおいしそうなバラ入荷しました♡

その名も、“マリークレール”!

e0127128_23221495.jpg

とっても美しいゴールドのバラです。

そりゃあもう、一目惚れ。

私の中で「食べちゃいたいお花」ってかなり重要で、
花の色気が最大級にでている、フェロモンむんむんのものを指します。
お花の中でもやっぱり色っぽいものは大好きね。

近くに在るだけで女性フェロモンをばしばし刺激してくれて女度がアゲられる気がします。

まるで花であることを誇りに思って楽しんでいるようです。

自分自身を誇りに思って自信をもつことって美しい女性でいることの第一条件だもん。


うぅ~ん いい女だぜー☆彡
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-30 23:34 | bellezza

美★健康法

ある本を機に、ただいま健康にはまっています。
病気や慢性疲労、肩こり背中痛など身体に支障をきたすのは、とっても辛いこと。
内面からくるストレスで身体がとってもしんどくなったり、
病は気からという言葉もありますが、
でもでも、とにかく食生活を改善することがとっても大切なんです。

最近は身近に妊婦がいたりで、妊婦が食べてはいけないものって結構あるのね、
直接子どもに影響することで、脳障害を持ってしまうことがたくさんあるんですって。
妊婦が食べて子どもに障害をもたらすのなら、
子どもじゃなくて私たちにとってもあまり食べない方がいいんじゃないの?
って疑問がはまったきっかけ。

で、私がしている改善策は、とにかくフルーツと野菜をたくさんとることと、
もともと便秘症なので、硬水を飲むってことをしているんだけどね。
朝起きてするコップ一杯のコントレックスを飲む。
コントレックスってフランスの水で、他の水より硬度がとっても高いの。
ミネラルウォーターの背のラベルには必ず硬度○○ってかいてるんだけど、
硬度300以上が硬水ね。でも硬水ってくせがあるからはじめは飲みにくいかも。
だから私は今のところ食前にコントレックスコップ一杯をぐび飲みして、
日中はヴィッテルをちょこちょこ飲んでます。
硬水を飲むととってもトイレが近くなるんだけど、
それも毒素を頻繁にだせていることなので、とってもグッドなんです。

で、朝食はフルーツ盛り♪
e0127128_11461469.jpg

こちらは、バナナ半分に梨半分、すもも一つに葡萄数粒、スイカでいろどりを加えて♪
フルーツならいくらでも食べていいの。
だから一日家にいる日なんかは小腹がすいてはいろんなフルーツをMIXしてるよ。
季節のものをおいしくいただけるしお金は特にかかるわけではないしね!

これねーはじめてからまだ一週間なんだけど、
毎日本当にお通じがいいの!
3日に一回が日常だったのに、毎日快調で且つお肌にいいし、
胃にもやさしい。
お肉とか食べるとどうしても胃がどっしりしちゃうんだけど、
これならお腹いっぱいなのに身体は軽い!
しかも身体が調子いいから頭がよくまわっている気もする。
表情がパッとしているのが実感できちゃうんです。
その実感こそが肌自体に活力を与えている気がするしネ。

おやつはドライフルーツに木の実で。
こんなものばっかり食べていると身体に悪そうなものを食べると、
本当に胃が敏感でどっしりきちゃうんだよね。
なので身体にわるいものとそうでないものって本当に身体が正直に反応するんだ、と実感。

とりあえず疲れているみなさん、食生活から改善してみてはいかが?
また私の改善策レポートしまーす!
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-24 13:11 | bellezza

“Modigliani et le Primitivisme”

e0127128_2284557.jpg9月15日まで中之島国立国際美術館で開催されている『モディリアーニ』展に行ってきました。

久しぶりの国際美術館、モディリアーニはBF3なのでエレベーターで降りていくと、
途中BF2で、大量の靴とそこから伸びるくもの巣以上の赤い糸。
通り過ぎてしまったのだけど、おもしろそうな現代アートもしているようです。

さて、モディリアーニさん。
肖像画で埋め尽くされた空間はちょっとないおもしろさでした。

 描かれた人とそれを眺める生きた人。

・・・文字でみるといっそう可笑しさが増す気がします。

どぅも美術館で鑑賞している人たちは話しかけたくなりそうな人が多いのよー。
気になる人がわんさかいます。老若男女問わず。
これが海外でたまに見かける日本人とかなら話しかけやすそうなものですが、
もちろん、ふんふんと通り過ぎるだけ。

まぁ話がずれましたが、数あるうちの私の気になる肖像画の方が二名ほど。
ひとつは1916年の作品である 《タータンチェックのドレスの女》
もうひとつは翌年1917年の作品 《女の肖像(通称;マリーローランサン)》 
お二方ともとっても色気のある方なんです。
知的で器量の良さそうな女性。
見に行かれる方はぜひチェックしてみてね。

あと《カリアテッド》という作品が結構あるんだけど、
これもおもしろかった。
ひとつ、下を見ているそうなんだけども、ウィンクしてるようにしか見えないものが。
ちょっとキュートなんです。これ1913年の作品ね。
こちらもチェックスしてみてね。

あとは今回は私的には図録がよかったなー。
もちやすくて見やすい。
あ、上の写真のやつです。

そんなこんなでなかなか充実している夏なのさ☆
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-18 22:34 | arte

『 冒険王・横尾忠則 』 展

8月24日まで兵庫県立美術館で開催されている、 『冒険王・横尾忠則』 展にいってきました。


原画や雑誌の表紙のシリーズなど多数展示されていたし、
へぇ~っ横尾さんこういう画も描くんやーって新発見もありました。
独特な色使いのじゃなくってパステルっぽいのとかもあるの。
テーマがタイトルの通り “冒険” なんだけれども、
夢の中からの冒険が繋がっていて、みているこちらも他人の中で冒険している気分になるよ。

視るものや聴くもの、感じることを自分の中の何かと置き換えて、
また新たなものを発見したり、日々更新することの大切さを思い起こさせてくれたりします。


行った方はぜひ感想聞かせてネー☆
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-15 11:29 | arte

“Don't Laugh at my romance.”

『人のセックスを笑うな』 監督;井口奈巳

副題のほうがとってもわかりやすいよね。

人のロマンスなんて、他人にしたら笑えるものなんよ。
もちろん、くすぐったい笑いなのね。
そうやってくすぐりあいながら日々すごしていって。
日常的なわらいってとても気持ちがいいものです。

個人的にはとても後味のよろしい映画でした☆



 “会えなければ終わりなんて
 
            そんなもんじゃないだろ”
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-14 21:25 | cinema

お花熱は冷めやらず

e0127128_21585736.jpg


この暑い時期にお花を飾るのはほどなく贅沢です。
小さなおめでたいことでも、そのために華やかさを求めてお花を置くと、
とってもおめでたくなったり、喜びも大きくなります。

ひとつの生をたくさんの小さな喜びに絡めるととっても豊かな心が持てる気がします。
少しずつ豊かさを積み重ねて、暖かなモノがもてるようになるといいですね。
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-09 22:15 | bellezza

触角ぶんぶんしてます!

先月はおなじみの建築家の先生のところに数回ちょろちょろとおじゃまさせていただきました。

ちょうど天神祭の日もお呼ばれさせていただいたんだけど、
なんとそこで、Barを経営されている御夫婦からの手土産で初ドンペリさんを頂きました!
うぅ~~~~ん、ドンペリさん。
普通においしいシャンパンでした。
勝手ながら、せっかくならロゼを飲んで見たかった・・・(笑)。
しかしながら、その御夫婦も経営しておきながら初ドンペリさんとのこと。
みなさんも初の方が多かったのか(?)、
おおぉぉぉぉぉっっと言っておきながら、めちゃめちゃおいしい!との声はあがらず(笑)。
・・・・・いえいえ、それでも貴重な初体験でした。

この先生、いっつもいろんな方を引き合わせてくださるんだけど、
くせのある、ぬぬぬ!!!なにか匂うゾ!っていうおもしろそうな方ばっかりなんだー。
この日は、インドネシア生まれの現在はベルギーやら日本やらアジアとヨーロッパを
またにかけて活動されている画家さん。
入ってきた瞬間、私の触角がブンブンふれました!
しかも綺麗な女性(ドイツの方?)をおつれしているし。
作品を見せていただいたんだけど、
抽象画で、黄や赤で、味覚に近い画かな、と思う作品。

なんかね、やっぱ日本に閉じこもってたらいかんのだよ!って実感させられるっていうか。
視野や活動域を広げるのって人生を豊かにさせる重要なことなんだと思うんだよね。
感覚が掘り返させられるっていうか・・・。
無意味に広げてても得られるものは少なからずあるものだと。。
そして、無意味でさえなくなる。
逆に、日本のある田舎の村の一角でも感覚は充分に研ぎ澄まされることもあるかとは思うんだけどね。ある意味では。

しかも、やっぱりいろんなものを越えて活動されてる方達って話がおもろぃのん!
フランスがどーの、ベルリンの壁崩壊の時はどーの、あそこの国は金持ってるどーの・・・
日本はあーだこーだ。
興奮しつつ聞き入ってしまった。
こんな会話に加われたらどんなにおもしろいだろうか!

前回のパール屋さんはこの数日後に行っていろんな話を聞かせていただいたので、
うわぁぁぁ~~同じようなコト言ってる!!と、さらに興奮三割り増しだったのです。

そして、こういった方々に共通していえるのは、とにかく交友が広い!
パール屋さんは、評判が評判を呼んで、口コミで広がっていったらしく、
大方引退されている今でも、孫が結婚するから・・・と連絡が入って関係が続いているそう。
建築家の方々にしても、ジャンルを越えたお付き合いで、
広がっていっている。

おもしろいなぁ、かっこいいなぁ、とね。
少し前から、自分のお友達でもみんな仲良くなってくれたら嬉しいのと
それはとっても幸せだなぁ~と思ってちょっくちょく引き合わせたりしているんだけど。
私のお友達がみんながみんな合うわけではないよなぁとは思っているのだけども、
いつも、ちょっとどきどきしながら楽しんでいます♪
笑っていいとも!の友達の輪って、発想ってすごいステキよなぁなんて思うわけです。

みなさま、これからもぶんぶんなお付き合いよろしくお願い致します★のほほ☆★
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-05 16:21 | quotidiano

真珠の話

数年前からお付き合いさせていただいている、宝石屋さんへ。

もともとはパール屋さんだったみたい。
お父様の代から海で真珠を作っていらしたそう。
でも、本当に日本の海が汚れはじめてからいいモノができなくなったとのこと。

真珠というのは、いかにまき(年輪のようなもの)が厚くて大きいかが価値のつけどころ。
まきというのは輝きが七色に見えるほどいいのだけれど、
海の水質汚染のせいで全くまかなくなってしまい、
母貝もいいものがないのだとか。
なので、和玉は今となってはいいものがなく、小さいものでもえらいお値段。
ほとんどが南洋真珠になってきているそうです。
そして、今でているもののピンクパールとか、ブラックとかの色物は、色をつけているそう。
真珠は石とは違って、お手入れがないと、汗などですぐ痛んでしまったり、
輝きが褪せてしまう。
だから、色をつけているものは、すぐにだめになってしまう。
輝きも薄っぺらい。

日本は、人件費等削減で海外で製作するケースが多大。
しかしながら、それは高い技術を安い値段で流出させており、
日本人のお仕事をなくし、職を持てない人を増やしているだけ。
消費者はもちろん、安価であるとありがたいのだけれど、
結局は自分の首を自分でしめていることになってしまっている。

狭い領土であるのはしかたがないこと。
日本は本当の日本のためになることを見極めるセンスとレベルをあげるべきなんだなー。
技術はすごいものが溢れているのに、そういったセンスもレベルも低いって
評価されると、なんだか悔しいもんねー。

温暖化話がブームみたいになっているのに、今年はさらにまた暑いって、
結局話するだけして、エゴが先行しているだけな気がする。
地球問題がブームって、なんかおかしいよね。

でも、
“自分ができること”、 “実行できること” を見つけるのって難しいことなんだよね・・


それにしても、宝石はやっぱ飛びついてしまうわー★
e0127128_2205152.jpg

[PR]

by hitomi-2525 | 2008-08-04 22:10 | quotidiano