<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『楢山節考』

『楢山節考』 監督;今村昌平 みました。
端的に言うと、いわゆる姥捨て山のお話。

日本の文化、と言わざるを得ないのだろうか?
文化という表現でいいのかよくわからないけれども。
日本人、というものをものすごーーーーーーーーく人間的に描いていると思います。
今村昌平、『うなぎ』もみましたが、
こちらもものすごく人間的。
好き嫌いとかいうよりも、忘れられない映画、かな。
忘れてはいけない映画、なのかな。
“歴史”ですね。
戦争があったことを忘れてはいけないように。

「喜怒哀楽の問題じゃないねん、人間って。」  と言うか、

「そーいうんじゃないのよ、そんなの問題じゃないのよ。

                ・・・・・・・・・・だぁーーーーーーーーーーー!」

っていう映画。わかってもらえるでしょうか?
・・・・・もらえないですよね。失礼。



   うまく言葉にできない。
[PR]

by hitomi-2525 | 2007-12-05 22:50 | cinema

おいしいごはん

久しぶりに、建築家の先生の事務所でおよばれに寄せていただいた。

例によって奥様もいらっしゃて、事務所の2個年上のお姉さん。
あとは、アーティストのおじ様。
いつも素敵なメンバーで手作りのお料理で囲んでくださる。
本当に、ここのご家族が芸術一家でかっこいいんだけど、
同じく建築にたずさわっている息子さんは調度ベルギーへ行かれたところ。
VISA取得のため一時帰国されていたそうで、数週間前にお会いしたときは、
調度帰っていらっしゃった直後だったのかしら。

そして、その息子さんから、スカイプでTV電話。
うちの両親もチリに行ったお友達とスカイプでお話したりするけど、
うちは映像なし。
すごいよ、世界と画面一つで繋がるんだもの。
なんだかそれを意識しすぎて、すごくテンションがあがってしまった。

そして、この先生と息子さん、帰国していたとき、ふたりでなんと12時間も飲み歩いたそう。
すぅごく仲がいいの。
親子とかよりも、同士というか、本当に一番気の知れた友達みたいに見える。
奥様もいつも手料理を事務所に持参して、いろんな方をおもてなししていらっしゃるし。
毎回、素敵だなぁ、と思う方々に、なんと、うちの家族を逆に褒めていただいた!
素敵だと思う方から、逆に褒められてそれは、それは嬉しかったなぁ。
いえ、そちらそこ!


なんだか、秋があっという間にすぎさってしまって、冬に入ったけれど、
最近の私は、心が穏やかです。
何事も柔らかく受け止めようと少し意識するのと、
素敵な方たちから刺激を受けることで、
いっそう深まっていく気がする。

残りの2007年、まだまだ新しい出会いにのって、柔らかな気持ちを求めていきたいな。
[PR]

by hitomi-2525 | 2007-12-03 22:58 | collezione