そろそろだしてもいいんじゃない?


芍薬とトルコキキョウ、キキョウ。
e0127128_21485644.jpg


どうも、キキョウが好きみたい私。
社会人になって常に生花はお仕事場にあって気になると“キキョウ”なんだよねぇ。
しかもいろいろ種類が豊富!

トルコキキョウの花言葉は「優美」「希望」「よい語らい」「清々しい美しさ」
キキョウで調べてみると「変わらぬ愛」「気品」「誠実」「従順」

芍薬は「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」


いつ頃からだろう?
全く全開で自分を出せる人と
出したいけど出すタイミングがわからなくて、
なかなか踏み出せない人がいることに気づいたのは。
もっと知ってみたいって気持ちだけはあって思ったことを言えなくても、
その場にいるのはとっても楽しいんだよってわかってもらいたくてにこにこしてる。

「そろそろだしてもいいんじゃない?」 って。

目を見てにっこり言われると、とっても安心するし、どきっとする。

あぁ、ちゃんと見ていてくれてるんだー。って。
自分にない優しさの種類を持っている人って、すごいかっこいいなーって思う。
そんな優しさもあるんだって気づかせてくれる。
自分にないものに気づくのって、多分むつかしいことだし、気づいたら世界が広がる気がする。
それを気づかせてくる人ってやっぱ貴重。
ヨーロッパ映画の魅力もそこなんだろうし、
そういう人が花言葉なんて考えたりすんだろうなぁ。



すてきだよねぇ。
[PR]

by hitomi-2525 | 2008-06-04 22:16 | bellezza