“Flowers”

久しぶりに、とっても良かった映画でした。

6大女優をやたら押してたので、なんとなく見るのがおっくうな感じだったんだけど、
なんとなく手にとって、期待もせずに見始めたらものすごくよかった。



昭和から平成にかけての6人の女性の転機のストーリー。


世代がつながっていくのは、女性の強さと弱さがあってのことなのかな。

芯の真っ直ぐな強さ、わけもなく儚くてもろい弱さの両面を合わせ持つ
女性特有の性質はやっぱり美しいものなんだなぁ。

時代は変わっても、そこは変わらない。

女性という性を受けてよかったな、と思わせる映画でした。
[PR]

by hitomi-2525 | 2011-12-19 22:01 | cinema